いつでもいいわけじゃない?車検の適切なタイミングとは


車検は遅く受けても結果は同じ

車検は2年ごとに受ける必要があるのですが、中には次回の車検の時期を引き延ばしたいからと遅い時期に受ける人もいます。ですが実はこれは全く意味がなく、車検の失効時期のギリギリで受けたからと言って次回の車検のタイミングも延期されるわけではありません。

むしろギリギリで車検を受けてしまうと何らかのトラブルがあった場合に対応も遅くなってしまうので、失効ギリギリのタイミングで受けるのはおすすめされていないようです。

車検業者にもタイミングがある

車検を受ける場合には車検を請け負っている業者に依頼する必要があるのですが、実はほとんどの人が失効のギリギリで車検を受けているので月末に予約が集中してしまう傾向があります。そのため車検業者も月末は非常に忙しくなっているので依頼してもそのタイミングで出来ない場合が多いので、できる限り月末は避けた方が良いとされています。

逆に月始めの場合は依頼もそこまで多くはないですし、車検業者にも余裕があるので質の高い検査を受けられるタイミングとして狙い目だと言われています。

おすすめのタイミングは週半ば

週末は土日休みの人が集中しやすくなっているほか、車で通勤している人の場合はどうしても土日しか車検を依頼できない事情があります。また車検業者が土日営業をしていても周囲の部品メーカーが休んでいるために作業が長引いてしまうため、土日は依頼出来てもなかなか作業が終わらない場合が多いようです。

月曜日も週末に車を利用したい人が依頼する場合が多いため、実は水曜日などの週半ばが最も予約が空いているタイミングとしておすすめされているのです。

広島の車検は格安ですませることができます。なぜならば、広島は基本的に工賃が安い業者が多い傾向にあるので、部品交換が必要になっても安価なのです。