日帰りバスツアーで買って帰りたいお土産とは?


日帰りバスツアーなら買いやすいお土産がある

日帰りのバスツアーは丸一日あれば参加が可能な旅の方法です。連休をとるのが難しい人でも気軽に旅行を楽しむことができ、短時間で観光や体験を満喫できるとあって最近人気が高まっています。そんな日帰りバスツアーの楽しみの一つと言えるのがお土産を買うことです。日帰りとは言え、行った先で見つけたものを親しい人にあげたいという気持ちは宿泊を伴う旅行と変わりませんから、そのお土産選びもとても楽しいものとなるでしょう。しかも日帰りバスツアーには宿泊を伴う旅行ではできないお土産の買い方ができる場合があります。その日の内に帰宅できる、そしてバスツアーであることのメリットを活かしたお土産にはどのようなものがあるのでしょうか。

お土産に生鮮食品が買えるのも日帰りのメリット

まず、日帰りであることのメリットを活かして買うことのできるお土産として、魚や果物などの生鮮食品が挙げられます。これらのお土産の中には冷蔵や冷凍での温度帯で保管が必要なものも多く、宿泊を伴う旅行では購入が難しい場合が多いのです。しかし、日帰りで数時間後に帰宅できる場合は保冷剤やドライアイスなどを用意してもらえば持ち帰りが可能なので、旅先から宅配便で送るなどの余計な費用を掛けずに購入できます。また、日帰りのバスツアーでは短時間で効率よく旅行を楽しんでもらうため、その土地の有名なお土産を販売している先に立ち寄ってくれる場合が多いと言えます。バスガイドや添乗員が同乗しているバスツアーではその土地ならではのおすすめのお土産を教えてもらうこともできますから、個人旅行では知り得なかったお土産を買うことができるかもしれませんね。

日帰りのバスツアーとはホテルなどの宿泊施設を利用せずに一日で完結する旅行です。連休を取得しにくい人に向いています。