メーカーや音色の特長を比較してサックスを失敗しないで選ぼう


高くても品質の良いものを買った方がいい

ジャズなどの素晴らしいミュージックを聞いて、自分もサックスを弾いてみたいと始める決心した人が欲しくなるのが自分専用のサックスです。サックスを買うときのチェックポイントを知らないと、あれやこれやと迷ってしまいがちです。迷っている時間が長いとサックスを始めるモチベーションが下がってしまう可能性があるので、なるべく早めに自分にぴったりなサックスを買うことが肝心です。サックスを扱うメーカーは国内や海外にいろいろあります。また、メーカーがいっしょでもタイプの違うサックスが多くあったり、カタログには楽器に詳しい人にしかわからない専門用語が並んでいるて迷ってしまう人は多いのでお店の人にわからないことを聞くことが大事です。サックスの値段はピンキリなので、ちょっとした興味で始める人は安いものにすると無難です。ただ、長くサックスをする予定がある人は、高くても品質の良いものを買った方が後悔しなくてすみます。

最新の技術で作っている伝統のあるメーカー

世界でも有名な楽器メーカーが作ったものは安心です。サックスの世界には有名なメーカーが3つありどれも品質が良いので人気が高いです。伝統のあるメーカーの作ったサックスは、最新の技術をきちんと取り入れた方法で作られています。サックスの音色には、軽やかだったり重みのあるなどの違いがあるので、なるべく自分で聞き比べて買うことが大事です。有名なメーカーのものはクオリティが高いのですが、やはり高額モデルが多いです。ただ、廉価版モデルをリリースしているケースがあるので、有名なメーカーのものがほしい人は問い合わせてみるといいです。

サックスは、リードにより音を出す本体は金属製のJ字型の木管楽器です。形や演奏方法は木管楽器ですが、本体が金属製で、木管楽器と金管楽器の間の音色を持ち、吹奏楽の中ではその両者をつなぐ役目をします。