意外と知らない!?車検費用の詳細な内訳について


必ず発生するのは法定費用

”法定費用”とは、その名の通り国が法律で定めた費用のことを指しています。したがって、どの店舗で車検を受けても必ず同額の費用が発生しますし、いくら交渉しても割引などがされることは一切ありません。

法定費用には「自動車重量税」、「自賠責保険料」、「印紙代」の3つが含まれています。自動車重量税は車の重さによって異なる税金のことですね。自賠責保険料は車の所有者には加入が義務づけられている保険のことです。そしてあまり耳馴染みのない印紙代についてですが、これは検査手数料のことを指しています。車検の検査手数料は現金では支払えないため、印紙と呼ばれるものが使われているのです。

基本料金や諸費用とは何のこと?

店舗によって名称が異なりますが、多くの店舗では”車検基本料金”や”諸費用”と記載されているこの費用は主に店舗側の利益となっています。こちらは店舗によって価格が違いますので、安く車検を受けたいと思うのであれば節約することが可能な部分です。顧客獲得を優先している店舗であれば交渉次第で値引きしてくれる可能性もあるでしょう。

整備費やメンテナンス料

一部の店舗では基本料金に含まれているケースもありますが、「法定費用+基本料金+整備にかかった料金」が車検の合計金額だと思っていて間違いはないでしょう。店舗側としては少しでも利益が多く欲しいといった理由から、早急に交換する必要のない部分の交換を勧めてくることは決して珍しくはありません。ですので、見積もり前に「交換しなければ車検が通らない場所だけ交換してください」といった風に伝えておけば費用を節約することは十分に可能になります。

車検の料金には必ず必要な法定料金と業者や車の状態によって違ってくる設備料金からなりたっています。設備料金は業者によって違ってくるので一括見積などで比較するのが安い業者を簡単に探す方法です。