車検はお得に利用できる!?サービスの基本知識


ユーザー車検で安くする

ユーザー車検は自分で行う車検サービスで、専用のお店を使って実行します。整備やブレーキオイルの交換といったものは専用の業者に依頼して行うのですが、それ以外のものはすべて自分でするのがユーザー車検です。メリットは代行手数料と過剰整備費用が発生しない、テスター調整費用もかからないので安くできます。

実際にどれくらいの金額コスト削減できるのかというと、6万円近くの金額安価です。ただしある程度の知識が必要になるので、車を普段からいじるのが好きな人にいいでしょう。あまり車に興味が無いけれどユーザー車検を受けたい場合は、やり方を知っておくと良いです。

具体的にユーザー車検はどうすればいいのか

運輸支局で行われる検査コースはスピードメーター検査やサイドスリップ検査を行います。また排気ガス検査と下廻り検査も忘れずにしましょう。車検に受かる最善の状態になっているかチェックをして必要書類を用意します。

全部で7つのものが必要で、車検証と自動車損害賠償責任保険証明書です。さらに自動車税納税証明書と自動車検査票も準備しておきます。重量税納付書や継続検査申請書と定期点検整備記録簿も必要です。

インターネットから車検の予約を行い当日実行します。受検する運輸支局に直接電話で問い合わせるといいでしょう。当日は運輸支局の近くに有料で車検項目をチェックできる検査場があるので料金を支払って調整を行います。

この段階で不具合があったら車検を通過する可能性が低くなるので、予め調べておくと良いです。

車検を軽自動車の価格で行いたい場合には、カーディーラーやガソリンスタンドなどの専門のスタッフに尋ねることが有効です。