美しい音色を奏でるピアノの種類と特徴を一挙ご紹介


ピアノの存在について

音楽は成長過程で欠かすことのできない存在であり、ピアノの音色に合わせて歌を歌った記憶は誰しもが持つことでしょう。身近な存在のピアノを習得するにあたって、どんなピアノを買えば良いのか頭を悩ませます。そんな悩みを抱える人の手助けとなるべくピアノの種類や特徴についてご紹介します。

グランドピアノとスタンドピアノはどう違う?

ピアノは大きく分けて2種類あります。演奏会で良く用いられるL字型の大型ピアノがグランドピアノです。一般的に弦の張り方やハンマーの構造の影響でスタンドピアノと比べると質の高い音を出すことができます。水平方向に張られた弦を下からハンマーで叩くことによって音を出しており、その叩く様子を目で見ることが可能です。しかしグランドピアノの中にも幾つかの大きさがあるものの、設置するには充分なスペースが必要となるため一般家庭で気軽に持つことはできません。加えて値段もスタンドピアノよりもはるかに高額な金額となっていて、気軽に手にできるとは言い難いものがあります。そして四角い箱をイメージさせる立った姿勢の縦型のピアノがスタンドピアノです。コンパクトなつくりが特徴で、設置スペースに困りません。弦は鉛直方向に張られていて、横からハンマーで叩くことで音色を奏でます。下から叩くグランドピアノとは違い、自然にハンマーが戻らないのでバネの作用で戻りを促す構造となっています。その影響でグランドピアノの様な細かい動きを実現することは難しいのが特徴です。グランドピアノは専門的にピアノを扱う人やコンサートホールに適したものである一方でスタンドピアノは家庭でも利用しやすいピアノとなっています。

スタインウェイとは、1853年にアメリカ、ニューヨークで設立されたピアノ製造会社である。世界で最も有名なピアノの一つであり、俗に「神々の楽器」とも呼ばれる。