車検のあれこれ!節約はどこでするといいのか!


車検をどこで受けるかで価格も変わる

車検に掛かる費用として最低限かかるのは自動車重量税、検査手数料、自賠責保険料だけなのです。これらの費用以外は車検を依頼した所の手数料になります。この手数料には車検を代わりに受ける料金、整備手数料、部品交換料金などが含まれます。一般に車検を依頼した場合にはこれらの項目を含めた金額が価格となります。ガソリンスタンドやメーカーなどで車検を受けるとすべて込みの価格となります。

車検の節約は一般的には比べること

車検を依頼する所によって車検の価格は大きく違います。実際に見積もりを取ってみないとその差異は分かりません。ですので、まずは車検を依頼した場合の見積もりを複数から取る必要があります。その中で安いところを選ぶことで節約になります。ただし、部品の交換に関しては実費となる可能性があります。部品を自分で交換できるのであれば、先に交換しておくとそれも節約になります。

ユーザー車検という節約術

車検を通す場合にはユーザー車検という方法があります。陸運局に車を自分で持ち込んで車検を通すという方法です。あまり知られていませんが、この方法であれば依頼する時に掛かる手数料などがかからないので、かなり節約できるのは間違いありません。ただし、手間がかかります。書類を自分で作ったり、予備車検を受けたりする手間です。最終的に陸運局で車検に合格する必要があります。合格までのプロセスをしっかり学んでおけば、合格は難しくありません。ここまでできればお金の面ではかなり節約できるのです。知らない人には車検を自分で通せるというのは目から鱗かもしれませんね。

車検とは、2年に1回義務付けられている保安基準検査のことで、新車の場合は3年目に初回検査を受けます。